我に帰ることの大切さ_6月15日(水)分

昨日の結果です。

エントリーした豪ドルキウイドルは
今週ノーマークだったもの。
ほんとは別の通貨をピックアップしてたのですが
エントリーのタイミングを迷っていた中で
偶然条件に合うのを見つけたもの。
一週間の見立てでも
中途半端かなぁと思って考慮に入れてなかったのですが
昨日の時点で週足含めて条件揃ったので
エントリーして見ました。
今のところは含み益。
無事利確してくれればいいのですが。

他の通貨のエントリータイミングは
ほんとに迷ってます。
日足では条件揃ったのだから
どこかのタイミングで入れるのですが、
それでもここ!というのがなくて
4時間おきにチャート見てました。
ここでふっと我に返えることができました。
「あーこれ執着だなぁ」と。
自分のスタイルじゃないことをやる。
それに息苦しさを感じたらそれは違うんだと。
ワクワクじゃなくて執着と置き換えた時点で
自分の幸せの軸から外れたことがわかったので
もうその日は寝ることにしました。

自分の気持ちややってることを
客観視して言語化する。
そうすることで視界が一気にひらけるし
軸が自分に戻ってくるのを感じます。
「あ、今こういう状況だからこうしよう」と。
言語化は思考の現実化において
行動のためのステップです。
そうやって少しずつ軌道修正しながら
気がついたら緩やかなカーブを描いて
自分の望む現実を進みます。

今日もいい一日で。

スポンサーリンク
PC用広告1