お金がなくても生きていくのに必要な力_1月3日(月)分

元日と二日にそれぞれの家に日帰りで帰省しました。
実に2年ぶり。
今のところどちらの親も元気で何よりです。
実家の母が最近はいただきものだけで暮らしてると言ってました。
民生委員で地域に顔の広い母は
いろんなところに知り合いがいて、
おせち料理もこれは誰々の家でもらった里芋で作ったとか
田舎の奄美の砂糖を持っていって近所に配ってるだとか
そういえば近所の(弟のかつての同級生だった家の)焼き鳥屋さんが
サービスしてくれたとか
いろいろと物々交換?をしているのだそうです。

引き寄せの法則でお金の引き寄せとかありますが
実際に人が人として社会で生きていくには
お金そのものよりもコミュニケーション能力の方が
ずっと役に立つ。

よくお金持ちの人は人脈があると聞きますが
人と人の繋がりがお金を生み出す、
お金以上の価値を生み出す。
お金そのものは
その生み出したものの価値を
等価交換するツールにすぎない。

そう、お金はあくまでもツールなんです。
だからツールをたくさん持っていた方が
いろんなものを手に入れることができるし
なんならツールそのものはお金でなくてもいい。
物々交換できる手持ちのものも立派なツールです。
で、そのツールを扱うために必要なものが
コミュニケーション能力なわけです。

ぶっちゃけ、人間は
お金がなくても人と接することができれば
生きていけると思います。
孤独死もなくなるでしょう。
たとえお金があったとしても
人と接するコミュニケーション能力がなければ
人生詰みです。
両方手に入れることのできない私は
母の話を聞いて改めて実感しました。

さて、新年最初の昨日の取引の結果です。

エントリーも約定もなし。
年末は含み損でタイムアウトでしたが
今は大きく含み益です。
人とのコミュニケーション能力が皆無の私には
FXよりも人との話し方を学んだ方が
人生豊かになるんでしょうね。







スポンサーリンク
PC用広告1