客観視とは感情と行動の切り離しから_8月27日(金)分

週末金曜日の結果です。

ポンドドルのショート。
いったん上昇するところまでは織り込み済みでしたが
大きく上がりすぎてそのまま損切りされちゃいました。
これで3連敗ですね。
ちなみに、昨日話していた含み損だったドルフランは
含み益で今週を終えました。

そろそろ月末も近いです。
5ヶ月連続のマイナスもほぼ確実となりました。
まぁ仕方ないですね。
そしてこれはまたチャンスですね!

「自己嫌悪をやめる方法」の一つとして
「感情と行動を切り離す」というのがあります。
自分の感情をゴールにするのではなく
行動をゴールとする。

例えば、
損切りされた悔しい、ではなく
まずルール通りにエントリーして(行動)
その結果損切りとなるなら
それは自分のせいじゃないから
自分を責める(感情)ことを切り離す。

そんな感じでしょうか。

別に心を殺せとかそういうことではありません。
そこに至る経緯を思考するということです。
自分を客観視することに似てるかもしれません。
もしくは自分自身を親子の関係に当てはめることに近いかも。

子供(=自分)が何かやらかした時、
親(=自分)はどうするか。
感情に任せて怒るのか。
筋道立てて説明して諭すのか。


今月ももう残すところわずかとなりました。
心穏やかに健やかに過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
PC用広告1