反面教師にするべき初心者の二つの典型的な例_10月2日(金)分

昨日の結果です。

カナダ円ロングは深夜に利確。
その後落ちてきて今また上昇し始めました。
ここでもう一度ロングをとってもよかったかもしれません。
フラン円のロングは落ちそうだったので手動で利確させましたが
そのあとまだ上昇し30pipsを取り損ねました。
これがビビリ初心者の典型的な例その1。

そしてもう一つ初心者がカモネギになる例が
ドル円とポンド円のショートのエントリー。
米大統領のコロナ感染のニュースを受けて
(だと思うのですが
急落したところでの飛び乗り。
ドル円は20pipsも下がらずに上昇。
ポンド円に至ってはほぼ底辺でのショートで
そこから1時間もしないうちに
100pips上昇しました
もちろん今は含み損のまま週末です。
先週からの含み損も含めて
このまま損切りされたら
今年はもうマイナス確定です。
早いですねwww


私を反面教師(もしくはカモネギ)にして
みなさんの利益をあげてくださいね。


スポンサーリンク
PC用広告1