持ち上げて落とされた先にあるもの_12月13日(金)分

ここ数日、動向を見守っていたポンド豪ドルのロング。
昨日の朝、ブログを書いている時点では含み損でした。
で、朝の7時に締めがあってその10分後に始まった時には
300pipsほどの上窓を開けたのにはびっくりしました。
すでに大きく含み益。なんだこりゃwww
他の通貨もそうでしたね。

そんな昨日の結果です。

その後ビビリな私は損切りポイントをあげ
せめて100pipsは確保しようとしました。
その勢いのまま上昇するかと思いきや
するすると落ちてきて、夕方には損切り。
それでもまぁプラスだったからいいかと思っていたら
その後また上昇しましたね。
損切りポイントあげなければまだ取れたものを。
だったら最初の窓開けたときに利確しておけばよかった。
100pipsムダにしましたね。

あーでもこれも私だから仕方がないか。
ある程度は予想してたよ。
どうせ思い通りうまくいくわけないんだから
これくらいで我慢しろという
相場の神様の言いつけなんでしょうねw
ルール無視してたら上昇したときに飛び乗ってたんでしょうけど。

プラスでよかった、と思うようにしないと。
もっと取れたのにと欲張っちゃダメですね。
始めた頃のおっかなびっくりやってた頃に戻れたら
今回のことも謙虚になれるはずなのに。
なんでだろう。完全に忘れてます。
少しのプラスでも喜んでいたときのこと。
その頃はそれだけでも十分満足だったのに。

欲を張りすぎて高いところ狙いすぎて
少しの利益でも喜べなくて
自分で自分の幸せのハードルをあげて
乗り越えられなくて落ち込んで。
バカだなぁ。


謙虚にならなきゃ。


スポンサーリンク
PC用広告1