UIの重要性_7月12日(木)分

早速昨日の結果です。

112円を抜けてからかなり勢いづきましたね。

でもそろそろの上げ止まり?

ようやく押し目を作ろうとしてる?

そんな風に考えすぎて

気がついたらショートでちょこちょこ損切られてました。

あとは何と言っても先月分のショートの損切り。

私のチャートは一つの画面で

持ってるポジションの一覧は見られるのですが、

そのポジション一つ一つに対しての決済注文が

ワンアクションおかないと見られないんですよね。

(そのポジションに対してクリックして別窓で表示)

それがすごく不便で、この損切りも

こんなところに決済入れてたんだ、というくらい忘れてて

切られて初めて気がつくっていうww

別窓じゃなくて、せめてそのすぐ下に表示してくれれば。。

こういうUI(ユーザーインターフェイス)ってすごく大事。

昔、アプリ作っていたときも

ユーザーがパッと見てわかりやすく操作できるようにするために、

あわよくば課金しやすくするために

ボタンの配置や見え方などすごく計算されて作っていたように思います。

(私の担当じゃなかったので詳細は割愛しますが)

このFX会社はユーザーにお金を落とさせるために

わざと使いづらくしてるのかな、なんて。

だったら使うのやめればいいじゃん、って思うんだけど

もうお金入れて動かしている以上はなかなか難しいし。

今度強制ロスカットにあったら全額引き出して

別会社にするかもしれませんが。

それまでは自分で使い勝手をよくするしかないですね。

スポンサーリンク
PC用広告1