執着と愛着_10月19日(木)分

昨日、うちの人に

今月頭の強制ロスカット(記事はこちら)の件を話しました(遅

悲しそうな寂しそうな顔をして

「やっぱりFXって難しいんだね」と言われました。

私の場合は読み違いとかではなく

単純なミス(キーボード打ち間違い)だったので

そこまで落ち込んだりはしなかったのですが

やっぱり人の悲しそうな顔を見ると心が痛みます。。

でも元はと言えば含み損抱えすぎというのもありましたが(

で、私がそこまで落ち込まなかった原因を

自分なりに考えてみたんですね。

最終的には「含み損を手放せたことの喜び」のほうが

大きかったんだなと。

どこぞの受け売りかもしれませんが

執着と愛着について書いてある記事がありました。

「自分が今抱えている “あるもの” に対して

心が苦しかったり辛かったりするものが執着。

心が穏やかだったり嬉しかったりするのが愛着。

手放してすっきりと気持ちが軽くなるのが執着。

手放して寂しくなるのが愛着。

これらを踏まえた上で

自分が抱えているものがどういうものか考える」

こんな感じの内容だったと思います。

私の含み損は言うまでもありませんでした。

いつか利確できるかも、でもいつカットされるかわからない不安、

という負の感情のまま持っていることは執着でしかなく

それが強制ロスカットされたことで

すっきりと気持ちが軽くなって

「さぁ次がんばろう」と前向きになれたこと。

執着を手放すということを実感した次第です。

前置き長くなりました、すいません。

昨日の結果です。

ショートの大きな損切りは

あと1pipsというところで約定せず上がってしまい

そのまま切られてしまったところです。

見方は間違ってないとはいえ

この微妙なところが難しい。。orz

最後のロングの損切りは調整と思ってたので薄く張っておいたのですが

まさか今日あんなに上がるとは (・o・)

週末なのに?週末だから?

そこは神ならぬ「相場のみぞ知る」といったところでしょうか。。

スポンサーリンク
PC用広告1